Top > Search Research paper > (In Japanese)ハイブリッド型第一原理分子動力学法による超臨界水中の反応のダイナミクスと溶媒効果

(In Japanese)ハイブリッド型第一原理分子動力学法による超臨界水中の反応のダイナミクスと溶媒効果

Research report code R000000467
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)高橋 英明
  • (In Japanese)堀 拓実
  • (In Japanese)新田 友茂
Affiliation
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
Report name (In Japanese)ハイブリッド型第一原理分子動力学法による超臨界水中の反応のダイナミクスと溶媒効果
Technology summary (In Japanese)ハイブリッド型分子動力学法により,水中でのOHラジカルのHCHOからの水素引き抜き反応(HCHO+OH→HCO+H2O)をシミュレートした。図1に今回のハイブリッド型第一原理分子動力学シミュレーションの初期配置を,図2に反応系のポテンシャルエネルギーの時間変化を示した。気相の場合と初期配置,初期速度が同じであるにも関わらず,気相中に比べて水溶液中では反応が遅れることが分かった。反応が起こってからはポテンシャルは顕著にさがってゆく。これは,反応物が大きく溶媒和されていることを示している。この計算から,水溶液中においてもOHラジカルとホルムアルデヒドのno barrierの反応経路が存在することが分かった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000467_01SUM.gif R000000467_02SUM.gif
Research field
  • Configuration and conformation of molecules
  • Addition reaction, elimination reaction
  • Effects on organic reaction
  • Aliphatic aldehydes
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)高橋 英明,堀 拓実,新田 友茂. ハイブリッド型第一原理分子動力学法による超臨界水中の反応のダイナミクスと溶媒効果. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.90 - 90.

PAGE TOP