Top > Search Research paper > (In Japanese)ダイヤモンドの穏和な条件下での酸化反応

(In Japanese)ダイヤモンドの穏和な条件下での酸化反応

Research report code R000000477
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)鈴木 俊光
  • (In Japanese)加藤 誠二
  • (In Japanese)中川 清晴
  • (In Japanese)石井 康隆
  • (In Japanese)蒲生西谷 美香
  • (In Japanese)安藤 寿浩
Affiliation
  • (In Japanese)関西大学工学部
  • (In Japanese)関西大学工学部
  • (In Japanese)関西大学工学部
  • (In Japanese)関西大学工学部
  • (In Japanese)筑波大学先端学際領域研究センター
  • (In Japanese)文部科学省 物質・材料研究機構(旧無機材料研究所)
Research organization
  • (In Japanese)関西大学工学部
  • (In Japanese)筑波大学先端学際領域研究センター
  • (In Japanese)文部科学省 物質・材料研究機構(旧無機材料研究所)
Report name (In Japanese)ダイヤモンドの穏和な条件下での酸化反応
Technology summary (In Japanese)水素化ダイヤモンドの酸化反応にN-ヒドロキシフタルイミ(NHPI)を用いて,100℃前後における酸素酸化を検討した。図1に水素化ダイヤモンドを2.5MPaの酸素分圧において,50~120度酸化した時の生成物のIRを示した。酸素酸化を行った時に比較し,全ての吸収が鋭く,単一の官能基が導入されていることが推察された。1751cm-1の最も強い吸収はLIAlH4による還元で消失することから,C=O二重結合によるものと帰属された。低温で水素化ダイヤモンド表面を酸化できることを見いだした。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000477_01SUM.gif
Research field
  • Surface structure of solids in general
  • Nonmetallic compounds
  • Carbon and its compounds
Published papers related (In Japanese)(1)石井康隆 有機合成協会誌,57、38(1999)
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)鈴木 俊光,加藤 誠二,中川 清晴,石井 康隆,蒲生西谷 美香,安藤 寿浩. ダイヤモンドの穏和な条件下での酸化反応. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.99 - 99.

PAGE TOP