Top > Search Research paper > (In Japanese)コンビナトリアル計算化学による材料設計

(In Japanese)コンビナトリアル計算化学による材料設計

Research report code R000000486
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)高見 誠一
  • (In Japanese)谷島 健二
  • (In Japanese)坂原 悟
  • (In Japanese)Belosludov Rodion
  • (In Japanese)久保 百司
  • (In Japanese)宮本 明
  • (In Japanese)松本 祐司
  • (In Japanese)川崎 雅司
  • (In Japanese)吉本 護
  • (In Japanese)鯉沼 秀臣
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科材料化学専攻
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科材料化学専攻
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科材料化学専攻
  • (In Japanese)東京工業大学応用セラミックス研究所
  • (In Japanese)東北大学金属材料研究所
  • (In Japanese)東京工業大学応用セラミック研究所
  • (In Japanese)東京工業大学応用セラミックス研究所
Research organization
  • (In Japanese)東京工業大学応用セラミックス研究所
  • (In Japanese)東京工業大学総合理工学部
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)コンビナトリアル計算化学による材料設計
Technology summary (In Japanese)著者らが提案している「コンビナトリアル計算化学」は,第一原理計算・分子動力学法などの計算理論を用いて,既に実験が行われている・行われていないを問わず多くの元素・分子を対象として計算を行い,効率的に新材料の設計を行おうとするものである。今回,TiO2のバンドギャップモジュレーションを目的とした金属ドーパントの探索をコンビナトリアル計算化学を用いて行った。光触媒としての利用を視野に入れると,HOMOの準位の変化が重要であると考えられる。そこで,Si,V,Sn,Zr原子をルチル型TiO2へドープした時のHOMOの準位を計算した。その結果,Snのドーピングが最も大きくHOMOの準位を下げることが予測された。実験的にもSnをドープしたTiO2の触媒活性の著しい向上が報告されており,計算結果と一致していた。
Research field
  • Electronic structure of molecules
  • Thin films of other inorganic compounds
Published papers related (In Japanese)(1)久保百司,寺石和夫,宮本明,現代化学,11,51(1998).
(2)K. Yajima, Y. Ueda, H. Tsuruya, T. Kanougi, Y. Oumi, S.S.C. Ammal, S. Takami, M. Kubo, and A. Miyamoto, Appl. Catal. A, 194-195, 183 (2000).
(3)Y. Oumi, H. Takaba, S.S.C. Ammal, M. Kubo, K. Teraishi, A. Miyamoto, M. Kawasaki, M. Yoshimoto, and H. Koinuma, Jpn. J. Appl. Phys., 38, 2603 (1999).
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)高見 誠一,谷島 健二,坂原 悟,Belolsudov Rodion,久保 百司,宮本 明,松本 祐司,川崎 雅司,吉本 護,鯉沼 秀臣. コンビナトリアル計算化学による材料設計. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.106 - 106.

PAGE TOP