Top > Search Research paper > (In Japanese)Poly(p-phenylene-co-m-phenylene)及びpoly(p-pyridine-co-m-pyridine)の合成とコンビナトリアルな真空蒸着による青色発光材料の探索

(In Japanese)Poly(p-phenylene-co-m-phenylene)及びpoly(p-pyridine-co-m-pyridine)の合成とコンビナトリアルな真空蒸着による青色発光材料の探索 meetings

Research report code R000000491
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)村松 由季子
  • (In Japanese)山本 隆一
  • (In Japanese)早川 知宏
  • (In Japanese)鯉沼 秀臣
Affiliation
  • (In Japanese)東京工業大学資源化学研究所
  • (In Japanese)東京工業大学資源化学研究所
  • (In Japanese)東京工業大学応用セラミックス研究所
  • (In Japanese)東京工業大学応用セラミックス研究所
Research organization
  • (In Japanese)東京工業大学応用セラミックス研究所
  • (In Japanese)東京工業大学資源化学研究所
Report name (In Japanese)Poly(p-phenylene-co-m-phenylene)及びpoly(p-pyridine-co-m-pyridine)の合成とコンビナトリアルな真空蒸着による青色発光材料の探索 meetings
Technology summary (In Japanese)青色発光を示すと報告されているπ共役高分子にm-フェニレンを導入したポリ(p-フェニル-co-m-フェニレン);ran.P(PP-co-MP)およびピリジン類似体であるポリ(p-ピリジン-co-m-ピリジン)ran.P(PPy-co-MPy)を様々なpara/metaの割合で合成し,薄膜化,堆積化,膜圧の検討を行なった。図1にran.P(PP-co-MP)単層膜の蛍光スペクトルを示した。para/meta=5/5のフェニレンコポリマー; ran.P(PP-co-MP)が最大発光波長435nmにPPPの発光より約7.6倍の強度を有する青色発光を示した。また,ran.P(PPy-co-MPy)との積層膜エリアの蛍光スペクトルからran.P(PPy0-co-MPy10)が吸収したエネルギーがそれ自身発光には利用されず,ran.P(PPy-co-MP)の発光に寄与していることが分かった。ran.P(PPy0-co-MPy10)/ ran.P(PP5-co-MP5)積層膜に関する膜圧のコンビナトリアルな最適化により,PPPより15nm程短波長に最大発光波長におよそ22倍の発光強度を有する薄膜の作成に成功した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000491_01SUM.gif
Research field
  • Thin films of organic compounds
  • Luminescence of organic compounds
  • Polymerization in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)村松 由季子,山本 隆一,早川 知宏,鯉沼 秀臣. Poly(p-phenylene-co-m-phenylene)及びpoly(p-pyridine-co-m-pyridine)の合成とコンビナトリアルな真空蒸着による青色発光材料の探索. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.108 - 108.

PAGE TOP