Top > Search Research paper > (In Japanese)低温走査型近接場光学顕微鏡によるモジュレーションドープAlGaAs/GaAs量子構造の発光分光分析

(In Japanese)低温走査型近接場光学顕微鏡によるモジュレーションドープAlGaAs/GaAs量子構造の発光分光分析

Research report code R000000543
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)時崎 高志
  • (In Japanese)河島 整
  • (In Japanese)重藤 知夫
  • (In Japanese)井上 貴仁
  • (In Japanese)横山 浩
Affiliation
  • (In Japanese)経済産業省 産業技術総合研究所
  • (In Japanese)経済産業省 産業技術総合研究所
  • (In Japanese)経済産業省 産業技術総合研究所
  • (In Japanese)経済産業省 産業技術総合研究所(旧電子技術総合研究所)
  • (In Japanese)経済産業省 産業技術総合研究所(旧電子技術総合研究所)
Research organization
  • (In Japanese)経済産業省 産業技術総合研究所
Report name (In Japanese)低温走査型近接場光学顕微鏡によるモジュレーションドープAlGaAs/GaAs量子構造の発光分光分析
Technology summary (In Japanese)モジュレーションドープAlGaAs/GaAs単一へテロ構造における界面およびキャリアー密度の僅かの変動が二次元電子ガス(2DEG)の局所ポテンシャルに影響し,発光強度およびスペクトル分布にも影響する可能性がある。本研究では局所変動の発光に及ぼす影響を走査型近接場光学顕微鏡(SNOM)を用いて調べた。サンプルは1μmドーピングなしGaAs,20nmドーピングなしAlGaAs,および80nmSiドープAlGaAs層から成り,1μm幅の線でエッチングした。2DEGの密度は2x1011cm-2ほどである。図1はヘテロ構造発光の中心波長である817nmで撮った断層写真像(a)と発光像(b)を示す。撮影範囲は600nmx600nmで,表面は数オングストロームの高低差で殆ど平坦である。発光像は>10%くらい変動しており,強い発光位置は必ずしも厚い半導体層と対応しておらず,他の要因が影響しているように思われる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000543_01SUM.gif
Research field
  • Magnetooptical and electrooptical, spectra of inorganic molecules
  • Microscopy determination of structures
  • Semiconductor thin films
  • Thin films of other inorganic compounds
  • Measurement, testing and reliability of solid‐state devices
Published papers related (In Japanese)(1)T. Tokizaki, K. Sugiyama, T. Onuki and T. Tani, J. Microscopy, 194 (1999) 321.
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)時崎 高志,河島 整,重藤 知夫,井上 貴仁,横山 浩. Luminescence Spectroscopy of Moduration-doped AlGaAs/GaAs Quantum Structures with a Low-temperature Scanning Near-field Optical Microscope. 戦略的基礎研究推進事業「電子・光子等の機能制御」The First CREST Symposium on ''Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena'',2000. p.68 - 68.

PAGE TOP