Top > Search Research paper > (In Japanese)金ナノ結晶誘電体複合材料の呼吸振動に起因する超高速電子リラクゼーション

(In Japanese)金ナノ結晶誘電体複合材料の呼吸振動に起因する超高速電子リラクゼーション

Research report code R000000569
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)濱中 泰
  • (In Japanese)桑畑 順也
  • (In Japanese)中村 新男
  • (In Japanese)棚橋 一郎
  • (In Japanese)近江 成明
Affiliation
  • (In Japanese)名古屋大学
  • (In Japanese)名古屋大学
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)松下電器産業(株)
  • (In Japanese)HOYA(株)
Research organization
  • (In Japanese)名古屋大学
  • (In Japanese)松下電器産業(株)
  • (In Japanese)HOYA(株)
Report name (In Japanese)金ナノ結晶誘電体複合材料の呼吸振動に起因する超高速電子リラクゼーション
Technology summary (In Japanese)本研究では誘電体マトリックス中に分散した金ナノ結晶の呼吸振動に起因する超高速電子緩和過程のナノ結晶粒径依存性とマトリックス依存性を調べた。マグネトロンスパッタ法により金ナノ結晶-誘電体複合材料を作製した。誘電体としては熱伝導率(W/m・K)が1.38,8.4,36の石英ガラス,二酸化チタン,アルミナを用い,金ナノ結晶の粒径は3.0~17.5nmとした。チタンサファイアレーザーのフェムト秒レーザーパルス(150fs)を用いてこれらの試料のポンプ・プローブ測定を行った。ポンプパルスのエネルギーは金ナノ結晶の5d電子のバンド間遷移に対応する3.1eVとした。図1に金ナノ結晶-誘電体複合材料(金/石英ガラス,金/アルミナ)における差分吸収の時間変化,図2にはナノ結晶の粒径とホットエレクトロンの冷却時間の関係を示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000569_01SUM.gif R000000569_02SUM.gif
Research field
  • Particle optics in general
  • Quantum optics in general
  • Nonlinear optics
  • Optical devices
  • Dielectrics in general
Published papers related (In Japanese)(1)Y. Hamanaka et al.: Proceedings of International Conference on Ultrafast Phenomena, 2000.
(2)Y. Hamanaka et al.: Phys. Rev. B63, 104302 (2001).
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)濱中 泰,桑畑 順也,中村 新男,棚橋 一郎,近江 成明. Ultrafast electron relaxation via breathing vibration of gold nanocrystals embedded in a dielectric medium. 戦略的基礎研究推進事業「電子・光子等の機能制御」The First CREST Symposium on ''Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena'',2000. p.124 - 125.

PAGE TOP