Top > Search Research paper > (In Japanese)ベンザインの[2+2]環付加反応を基盤とする新規合成手法の開発

(In Japanese)ベンザインの[2+2]環付加反応を基盤とする新規合成手法の開発

Research report code R000000589
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)羽村 季之
  • (In Japanese)宮本 真
  • (In Japanese)辻 新祐
  • (In Japanese)松本 隆司
  • (In Japanese)鈴木 啓介
Affiliation
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
Report name (In Japanese)ベンザインの[2+2]環付加反応を基盤とする新規合成手法の開発
Technology summary (In Japanese)ベンゾシクロブテンはベンゼン環に四員環が融着した興味深いひずみ構造を持つ化合物であり,未知の反応性を秘めている。αーアルコキシベンザインとケテンシリルアセタールとが位置選択的に[2+2]環付加反応を起こすことを利用して,合成が困難な種々の多官能性ベンゾシクロブテン誘導体(図1)を選択的に合成する方法を開発した。さらにこれらベンゾシクロブテン類の潜在的反応性を探り,新たな有機合成手法を確立することを目的として種々検討し,これらの化合物の環拡大反応を利用した多置換ナフタレンおよびベンゾシクロオクテンの効率的な合成法(図2)を開発できた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000589_01SUM.gif R000000589_02SUM.gif
Research field
  • Substitution reaction
  • Cyclization reaction, ring‐opening reaction
  • Regiochemistry of organic reaction
  • Aromatic monocyclic hydrocarbons
  • Polycyclic carbocyclic compounds in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)羽村 季之,宮本 真,辻 新祐,松本 隆司,鈴木 啓介. ベンザインの[2+2]環付加反応を基盤とする新規合成手法の開発. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.36 - 36.

PAGE TOP