Top > Search Research paper > (In Japanese)グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応を鍵とした新規合成手法の開発

(In Japanese)グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応を鍵とした新規合成手法の開発

Research report code R000000592
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)鈴木 隆雄
  • (In Japanese)田名部 大輔
  • (In Japanese)蓮 芳文
  • (In Japanese)大森 建
  • (In Japanese)鈴木 啓介
Affiliation
  • (In Japanese)東京工業大学院理工
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工
  • (In Japanese)東京工業大学院理工
  • (In Japanese)東京工業大学院理工
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
Report name (In Japanese)グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応を鍵とした新規合成手法の開発
Technology summary (In Japanese)グループ選択的反応は,分子内にある同一官能基の内一方を選択的に変換する形式の反応であり,分子の潜在的対称性を生かした合成デザインの鍵として有機合成上重要である。隣接位に不斉点を有するビスアルキニルアルコールに対してヒドロアルミニウム化を行うと,ジアステレオトロピックな二つのアルキニル基の一方が優先して反応し,その段階で反応が止まることを見いだした(図1)。さらに当反応を繰り返し用いることにより,三級アルコールの連続不斉中心を立体選択的に構築することも可能であった(図2)。本反応で得られる生成物は,様々な化学変換が可能なアルキニル基とアルケニル基を有する三級アルコールであり,種々の天然物合成へ応用できる。この反応について新たな知見を得た。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000592_01SUM.gif R000000592_02SUM.gif
Research field
  • Oxidation, reduction
  • Organic reactions
  • Structure effect on organic reaction
  • Stereochemistry of organic reaction
  • Aliphatic alcohols
Published papers related (In Japanese)(1)Group-Selective Hydroalumination: A Novel Route to Stereogenic tert-Alcohol Centers, K. Ohmori, T. Suzuki, K. Taya, D. Tanabe, D. Ohta, K. Suzuki, Org. Lett., 3, 1057(2001).
(2)Pseudo-C3-Symmetric tertiary Alcohol Building Block via Group-Selective Hydroalumination: A Synthesis of (-)-Malyngolide, T. Suzuki, K. Ohmori, K. Suzuki, Org. Lett. 3, 1741(2001).
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)鈴木 隆雄,田名部 大輔,蓮 芳文,大森 建,鈴木 啓介. グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応を鍵とした新規合成手法の開発. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.37 - 37.

PAGE TOP