Top > Search Research paper > (In Japanese)多置換ジヒドロアントラセン-クロム(O)錯体の構造

(In Japanese)多置換ジヒドロアントラセン-クロム(O)錯体の構造

Research report code R000000600
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)中島 清彦
  • (In Japanese)北村 正典
  • (In Japanese)甲 宝剣
  • (In Japanese)山崎 明子
  • (In Japanese)高橋 保
Affiliation
  • (In Japanese)愛知教育大学
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
Research organization
  • (In Japanese)愛知教育大学
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
Report name (In Japanese)多置換ジヒドロアントラセン-クロム(O)錯体の構造
Technology summary (In Japanese)多置換ジヒドロアントラセンが配位した安定な金属錯体を合成し,錯体構造について考察した。Cr(CO)6あるいはCr(CO)3(CH3CN)3と多置換ジヒドロアントラセン1を反応させて,異なる構造を持つ安定なCr(0)錯体2および3が得られた。安定なジヒドロアントラセンおよびその置換体は結晶中で折れ曲がり構造をしているが,1(図1)は結晶中で平面構造をとる。他の置換体と比べて,1が芳香環の炭素上に多くの置換基を持つことが構造平面性に関係していると予想される。しかし錯体2(図2)の結晶中でCrに配位にした1はc(1),C(8)でCr(CO)3側に折れ曲がった構造をしていた。一方錯体3(図3)の結晶中では1は平面構造をとり,この平面の上下の互いに異なるサイトで2つのCr(CO)3に配位していた。1および錯体3の構造はいずれも結晶中で分子内に対称心を持つ。錯体2が非対称な分子構造により,平面性が失われたと考察した
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000600_01SUM.gif R000000600_02SUM.gif R000000600_03SUM.gif
Research field
  • Crystal structure of aromatic compounds
  • 6A and 7A groups
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)中島 清彦,北村 正典,甲 宝剣,山崎 明子,高橋 保. 多置換ジヒドロアントラセン-クロム(O)錯体の構造. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.43 - 43.

PAGE TOP