Top > Search Research paper > (In Japanese)パラジウム化合物を用いた触媒的多置換フルベンの合成

(In Japanese)パラジウム化合物を用いた触媒的多置換フルベンの合成

Research report code R000000604
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)松村 裕司
  • (In Japanese)高 国華
  • (In Japanese)コトラ・マーテイン
  • (In Japanese)高橋 保
Affiliation
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
Research organization
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
Report name (In Japanese)パラジウム化合物を用いた触媒的多置換フルベンの合成
Technology summary (In Japanese)シクロペンタジエン誘導体は遷移金属の配位子として利用されており,特にジルコニウム等の前周期遷移金属錯体ではメタロセン触媒としてオレフィンの重合触媒に用いられている。これらの中で特にシクロペンタジエニル基とヘテロ元素が架橋した形の配位子を持つ錯体が重合活性などの点から注目されている。ジルコナシクロペンタジエンから任意の置換基を持つこれらの配位子の量論的合成研究を行ってきたが,より有用な触媒反応への展開をおこなった。パラジウム化合物を用いて,銀塩存在下,アセチレン類とヨウ化プロペン酸エステルとを反応させることにより,触媒的に多置換フルベン類を合成することに成功した。図1に示すように,Pd(OAc)2(5mol%),Ag2CO3(100mol%)存在下,3-ヨウ化プロペン酸エステルをはじめとするヨウ化化合物と2-置換アルキンをアセトニトリル中,室温で反応させることにより,高収率で多置換フルベンが得られた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000604_01SUM.gif
Research field
  • Catalytic reactions (homogeneous system)
  • Platinum family element complexes
  • Aromatic monocyclic hydrocarbons
  • Aromatic monocyclic carboxylic esters, carboxylic anhydrides, acid halides
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)松村 裕司,高 国華,コトラ・マーテイン,高橋 保. パラジウム化合物を用いた触媒的多置換フルベンの合成. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.45 - 45.

PAGE TOP