Top > Search Research paper > (In Japanese)ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築

(In Japanese)ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築

Research report code R000000606
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)小川 和也
  • (In Japanese)小夫家 芳明
Affiliation
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科
Research organization
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
Report name (In Japanese)ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築
Technology summary (In Japanese)光合成モデルの構築には天然クロロフィルとの類似性等からポルフィリンが使われ,その多量体が分子デバイス材料として優れた光学特性を持つことが示された。配位結合を利用して,結合と解裂を容易に制御することができるポルフィリンの超分子組織化体の構築を目指し,人工合成系および分子デバイスへのアプローチを試みている。共有結合で連結したビス(イミダゾリルポルフィリン)3a(図1)へ亜鉛を挿入することにより,亜鉛とイミダゾールとの間の相補的配位結合によりポルフィリンの多量組織体4(図2)が得られた。GPCからこの多量体の分子量は10万を分布の頂点に50万まで達し,重合度nは80~400,分子鎖長は110~550nmで,AFMからこの多量体は一次元方向に伸びたひも状組織体であることを確認した。4のCHCl3溶液にMeOHを30%添加すると単量体3bへ解離し,末端分子1bとの再組織化によりオリゴマー(図3)が得られた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000606_01SUM.gif R000000606_02SUM.gif R000000606_03SUM.gif
Research field
  • Complexes of 9 and 10 groups
  • Stereochemistry of polymers
  • Molecular weight distribution, fractionation of polymers
  • Decomposition, deterioration, degradation of polymers
  • Photosynthesis
Published papers related (In Japanese)(1)K. Ogawa and Y. Kobuke, Angew. Chem. Int. Ed., 39, 4070-4073(2000).
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)小川 和也,小夫家 芳明. ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.46 - 46.

PAGE TOP