Top > Search Research paper > (In Japanese)光学活性ポリシランの溶液中でのらせん構造

(In Japanese)光学活性ポリシランの溶液中でのらせん構造

Research report code R000000612
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)寺尾 憲
  • (In Japanese)寺尾 良美
  • (In Japanese)寺本 明夫
  • (In Japanese)中村 尚武
  • (In Japanese)寺川 育世
  • (In Japanese)夏目 朋子
  • (In Japanese)佐藤 尚弘
  • (In Japanese)藤木 道也
Affiliation
  • (In Japanese)立命館大学総合理工学研究機構
  • (In Japanese)立命館大学総合理工学研究機構
  • (In Japanese)立命館大学総合理工学研究機構
  • (In Japanese)立命館大学理工学部
  • (In Japanese)大阪大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)日本電信電話(株)物性科学基礎研究所
Research organization
  • (In Japanese)立命館大学総合理工学研究機構
  • (In Japanese)大阪大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)日本電信電話(株)物性科学基礎研究所
Report name (In Japanese)光学活性ポリシランの溶液中でのらせん構造
Technology summary (In Japanese)溶液中で螺旋構造を採る,ポリシランはSi-Si結合による近紫外の強い吸光性を持つことから,光学活性基を持たせた円二色性から螺旋構造の解析を行った。また,分子量依存性と1次元協同モデルとの比較より1分子内の螺旋の距離を測定した。図1の4種のポリシランの物性値を測定して,溶液中の1本鎖の螺旋構造とグローバルコンホメーションの特性を検討した。温度依存性が高いポリシランは温度の上昇と共に分子中で螺旋の反転箇所が急激に増大し螺旋持続距離が減少した。さらに,固有粘度から温度の上昇と共に一本鎖の広がりが減少し,鎖が曲がった形のコンホメーションが観察できた。温度依存性が低いポリシランは棒状のコンホメーションであった。さらに,一定温度での温度依存性と符号の変化を見たポリシランは棒状に近いコンホメーションで形状はあまり変化がないが,螺旋の向きが入れ替わった。これは,分子内で螺旋の反転する箇所が少ないことで説明できた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000612_01SUM.gif
Research field
  • Gevmetry of molecules in general
  • Configuration and conformation of molecules
  • Organosilicon compounds
  • Physical properties of polymer solids
  • Stereochemistry of polymers
Published papers related (In Japanese)(1)A.Teramoto, Cooperative conformational in linear macromolecules undergoing chiral perturbations, Prog. Polym. Sci. 2001, 26, 667-720.
(2)K. Terao, Y. Terao, A. Teramoto, N. Nakamura, I. Terakawa, T. Sato, M. Fujiki, Stiffiness of Polysilylenes Depending Remarkably on a Subtle Difference in Chiral Side Chain Structure: Poly{n-hexyl-[(S)-2-methylbutyl]silylene}} and Poly{n-hexyl-[(S)-3-methylpentyl]silylene}, Macromolecules 2001, 34, 2682-2685.
(3)K. Terao, Y. Terao, A. Teramoto, N. Nakamura, M. Fujiki, T. Sato, Temperature and Solvent Dependence of Stiffness of Poly{n-hexyl-[(S)-3-methylpentyl]silylene} in Dilute Solutions Macromolecules 2001, 34, 4519-4525.
(4)K. Terao,Y. Terao, A. Teramoto, N. Nakamura, M. Fujiki, T. Sato, Conformational Transitions in Poly{n-hexyl-[(S)-3-methylpentyl]silylene} in Dilute Solution: Temperature and Molecular Weight Dependence Detected by Circular Dichroism Macromolecules 2001, 34, 6519-6525.
(5)A. Teramoto, K. Terao, Y. Terao, N. Nakamura, T. Sato, M. Fujiki, Interplay of the Main Chain, Chiral Side Chains and Solvent in Conformational Transitions: Poly{[(R)-3,7-dimethyloctyl]-[(S)-3-methylpentyl]silylene} J. Am. Chem. Sco. 2001, 123, xxxx-yyyy.
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)寺尾 憲,寺尾 良美,寺本 明夫,中村 尚武,寺川 育世,夏目 朋子,佐藤 尚弘,藤木 道也. 光学活性ポリシランの溶液中でのらせん構造. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.49 - 49.

PAGE TOP