Top > Search Research paper > (In Japanese)DNA高次構造と制限酵素に対する感受性の相関

(In Japanese)DNA高次構造と制限酵素に対する感受性の相関

Research report code R000000640
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)小穴 英廣
  • (In Japanese)湊元 幹太
  • (In Japanese)吉川 祐子
  • (In Japanese)吉川 研一
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院理
  • (In Japanese)名古屋大学大学院人間情報
  • (In Japanese)名古屋文理短期大学食
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)名古屋大学大学院人間情報
  • (In Japanese)名古屋文理短期大学部食
Report name (In Japanese)DNA高次構造と制限酵素に対する感受性の相関
Technology summary (In Japanese)これまで,DNA溶液中のポリカチオン(spermidin,spermine)濃度を増加させていくと,ある濃度を境にDNA分子の形態はランダムコイル状態から非常にコンパクトな凝縮状態に一次相転移的な高次構造変化を起こすことを蛍光顕微鏡法を用いた単分子観察から明らかにされている。今回,spermidinまたはspermineによって凝縮させたラムダDNA(48502bp)を制限酵素ApaLI,EcoRIによってそれぞれ消化させ,消化の度合いをアガロースゲル電気泳動によって調べた。その結果,このDNA分子の凝縮転移に対応して,DNAが急激に制限酵素の消化を受けにくくなることが明らかになった(図1)。この結果は,DNAが密に折り畳まれた凝縮状態を取ったため,DNA切断酵素がDNA切断部位にアクセスできなくなり,酵素によるDNAの切断が押さえられたためと解釈することができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000640_01SUM.gif
Research field
  • Optical instruments and techniques in general
  • Phase transitions and critical phenomena in general
  • Physical properties of polymer solutions
  • Nucleic acids in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)小穴 英廣,湊元 幹太,吉川 祐子,吉川 研一. DNA高次構造と制限酵素に対する感受性の相関. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.68 - 68.

PAGE TOP