Top > Search Research paper > (In Japanese)低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発研究

(In Japanese)低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発研究

Research report code R000000645
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)香山 晃
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学エネルギー理工学研究所
Research organization
  • (In Japanese)京都大学エネルギー理工学研究所
Report name (In Japanese)低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発研究
Technology summary (In Japanese)低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料として超耐環境性の複合材料を開発し,エネルギー生産における環境負荷の大幅な低減を可能にする材料システム開発の中間報告を行なった。セラミックス基複合材料として炭化珪素(SiC)繊維強化型の炭化珪素基複合材料(SiC/SiC)及び高融点金属複合材料としてタングステン繊維強化型のタングステン合金基複合材料(W/W)を開発研究の対象とした。SiC/SiC複合材料の界面制御による飛躍的な強度特性改善では最高強度で従来材料の2倍,弾性限界では5倍の性能向上を達成した。反応焼結成形法による熱衝撃特性に卓越したSiC/SiC複合材料の開発では従来材料の2倍の強度と2倍の熱伝導度,高純度SiCに匹敵するクリープ強度を有する反応焼結SiCを開発した。高強度W/W複合材料及び接合体の開発ではマトリックス初期破壊強度600MPa,最大強度1GPa,最大強度80%保持ひずみ10%以上の高靭性高強度が得られた。
Research field
  • Thermoelectric devices
  • General problems on production
  • Ceramic coating to nonmetallic materials
  • Application development
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Social Systems for Better Environment Performance
Information research report
  • (In Japanese)香山 晃. 低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発研究. 戦略的基礎研究推進事業 環境低負荷型の社会システム 第2回領域シンポジウム予稿集,2000. p.13 - 18.

PAGE TOP