Top > Search Research paper > (In Japanese)Recent progress on atom holography

(In Japanese)Recent progress on atom holography

Research report code R000000650
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)清水 富士夫
Affiliation
  • (In Japanese)電気通信大学レーザー新世代研究センター
Research organization
  • (In Japanese)電気通信大学レーザー新世代研究センター
Report name (In Japanese)Recent progress on atom holography
Technology summary (In Japanese)エネルギーが一定の量子力学的原子が満たす運動方程式は真空中の単色光が満たすMaxwell方程式と同一の形をしているから,光と同様,原子の任意パターンもホログラムを使って描けるはずである。SiN薄膜に穴を開けた計算機ホログラムを使って,極低温準安定状態ネオン原子線を操作する方法を発明した。最初に制作したFourierホログラムでは簡単な英文字の列を原子で描かせるだけであったが,その後,分解能,解像度,原子線強度の格段の改良を行い,グレースケールの写真を原子で表現することもできるようになった。SiN薄膜にストライプ状電極の列を形成し,そのギャップにホログラムパターンを埋込み,電極間にかける電圧によって原子波の位相を変化させ,原子パターンを実時間で変化させる位相ホログラムを作成した。これによって,1次元パターンの実時間任意制御,2次元パターンのスイッチング等のデモンストレーションを行った。
Research field
  • Holography in general
  • Holography
  • Applications of holography
  • Atomic beams, molecular beams
  • Thin films of other inorganic compounds
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)清水 富士夫. Recent progress on atom holography. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.31 - 31.

PAGE TOP