Top > Search Research paper > (In Japanese)Au(111)面のSTM発光スペクトルに現れる微細構造

(In Japanese)Au(111)面のSTM発光スペクトルに現れる微細構造

Research report code R000000670
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)坂本 謙二
  • (In Japanese)荒船 竜一
  • (In Japanese)目黒 和幸
  • (In Japanese)佐藤 実
  • (In Japanese)潮田 資勝
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学電気通信研究所
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)東北大学電気通信研究所
  • (In Japanese)東北大学電気通信研究所
  • (In Japanese)東北大学電気通信研究所
Research organization
  • (In Japanese)東北大学電気通信研究所
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
Report name (In Japanese)Au(111)面のSTM発光スペクトルに現れる微細構造
Technology summary (In Japanese)走査型トンネル顕微鏡(STM)探針の先端形状がSTM発光スペクトルに及ぼす影響を調べるために先端形状が異なる金探針を用いてAu(111)面からのSTM発光スペクトルを測定した。STM発光スペクトル測定後に探針先端形状を走査型電子顕微鏡(SEM)で観察した。図1は金探針をAu(111)表面にアプローチした後,すぐに測定したSTM発光スペクトルとその測定に用いた探針の先端のSEM像である。2つの発光ピークが観測された。SEM像から探針の先端が平であることがわかった。図2は別の探針を試料にクラッシュさせた後に測定したSTM発光スペクトルと探針先端のSEM像である。クラッシュにより探針先端がつぶれ,微細な構造が形成されていることが分る。5つの鋭い発光ピークが観測された。この発光スペクトルに現れる構造の起源について考察した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000670_01SUM.gif R000000670_02SUM.gif
Research field
  • Electron and ion microscopes
  • Solid‐state plasmas
  • Electrical properties of interfaces in general
  • Luminescence in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)坂本 謙二,荒船 竜一,目黒 和幸,佐藤 実,潮田 資勝. Au(111)面のSTM発光スペクトルに現れる微細構造. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.61 - 61.

PAGE TOP