Top > Search Research paper > (In Japanese)無機有機層状ペロブスカイト化合物の超高速ポンプ・プローブ分光

(In Japanese)無機有機層状ペロブスカイト化合物の超高速ポンプ・プローブ分光

Research report code R000000701
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)清水 誠
  • (In Japanese)Arup Neogi
  • (In Japanese)石原 照也
Affiliation
  • (In Japanese)理化学研究所フロンティア
  • (In Japanese)理化学研究所フロンティア
  • (In Japanese)理化学研究所フロンティア
Research organization
  • (In Japanese)理化学研究所 フロンティア研究システム
Report name (In Japanese)無機有機層状ペロブスカイト化合物の超高速ポンプ・プローブ分光
Technology summary (In Japanese)無機・有機複合層状半導体((C6H5C2H4NH3)2PbI4)は無機層に閉じ込められた最低励起子が,誘電閉じ込め効果のために大きな束縛エネルギーと振動子強度をもつ特異な系である。この系における光学非線形性を調べるために,光誘起過渡吸収分光を測定したところ,励起子分子発光エネルギー(2.31eV)よりも小さな光エネルギーでポンプする事により,最低励起子吸収帯が強く低エネルギーシフトする事が明らかになった。図1に2.3eV吸収変化の偏光依存性を示す。ポンプ光とプローブ光との偏光の関係が同じ回り円偏光の場合と平行な直線偏光の場合には高エネルギーシフト,逆回り円偏光と垂直な直線偏光の場合には低エネルギーシフトする事が明らかになった。この低エネルギーシフトの選択則は,2光子励起子分子生成と同一の選択則である。以上から低エネルギーシフトは,ポンプ光によって,励起子状態と励起子分子状態とが混合した結果であると考えられる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000701_01SUM.gif
Research field
  • Semiconductor thin films
  • Excitons
  • Visible and ultraviolet spectra of semiconductors
  • Salts
Published papers related (In Japanese)清水 誠,石原 照也. 無機有機複合層状化合物(C6H5C2H4NH3)2PbI4における励起子の光学シュタルク効果. 日本物理学会講演概要集 第56巻第2号 p.581(2001).
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)清水 誠,石原 照也. 無機有機層状ペロブスカイト化合物の超高速ポンプ・プローブ分光. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.111 - 111.

PAGE TOP