Top > Search Research paper > (In Japanese)光電流増倍を起こす有機/金属界面の直接観察

(In Japanese)光電流増倍を起こす有機/金属界面の直接観察

Research report code R000000705
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)吉田 学
  • (In Japanese)中山 健一
  • (In Japanese)平本 昌宏
  • (In Japanese)横山 正明
Affiliation
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)大阪大学工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)光電流増倍を起こす有機/金属界面の直接観察
Technology summary (In Japanese)有機/金属界面を有する光電流増倍素子上の金属薄膜を剥離し,その裏側を原子間力顕微鏡(AFM),走査トンネル顕微鏡(STM)で観察し,有機/金属界面の詳細な知見を得た。真空中でスライドガラス上にナフタレンテトラカルボン酸(NTCDA)を蒸着し,その上に金を蒸着して試料とした。ついで,NTCDA薄膜と金薄膜を分離した(図1)。剥離後のNTCDA表面と金表面の状態をAFMで観察した結果を図2に示す。金薄膜は完全にNTCDA結晶の鋳型状になっていた。分解能を上げるため,金薄膜をSTMで観察したところ,薄膜が直径約20nmの金粒子で構成されることが分った。NTCDA結晶の比較的滑らかな表面に金粒子が付着して界面を形成していることが分った。以前に電荷集積シミュレーションから推定した,光電流増倍の機構を裏づけた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000705_01SUM.gif R000000705_02SUM.gif
Research field
  • Microscopy determination of structures
  • Thin films of organic compounds
  • Solid‐solid interface
  • General
Published papers related (In Japanese)(1)K. Nakayama, M. Hiramoto, and M. Yokoyama, Proceedings of IS&T's NIP15: International Conference on Digital Printing Technologies, p743-746 (1999).
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)吉田 学,中山 健一,平本 昌宏,横山 正明. 光電流増倍を起こす有機/金属界面の直接観察. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.119 - 119.

PAGE TOP