Top > Search Research paper > (In Japanese)白色コヒーレント光波を用いたフェムト秒光パルス多波長同時整形と量子制御への応用

(In Japanese)白色コヒーレント光波を用いたフェムト秒光パルス多波長同時整形と量子制御への応用

Research report code R000000737
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)森田 隆二
  • (In Japanese)亀屋 信博
  • (In Japanese)森田 直志
  • (In Japanese)勝呂 彰
  • (In Japanese)山下 幹雄
Affiliation
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)シチズン時計
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)シチズン時計
Report name (In Japanese)白色コヒーレント光波を用いたフェムト秒光パルス多波長同時整形と量子制御への応用
Technology summary (In Japanese)1)2次元空間振幅・位相変調による3波長同時波形整形;チタニウムサファイアレーザー増幅パルスをアルゴンガス充填中空ファイバーに導波させると,光パルスのスペクトルは自己位相変調効果により広げられ,コヒーレントな超広帯域スペクトルが得られた,
2)空間位相変調器による非線形チヤープ補償理論解析;モノサイクルパルスを発生させるには,非線形なチヤープを補償することが必要となる。回折格子定数d=1/150mm,焦点距離J=200mm,ピクセル数150の条件の下,実際に発生したサイクル域パルスに対するチヤープ補償計算を行った結果,サイドパルスの発生の要因を明らかにした,
3)2波長チヤープパルスを用いた誘導Raman散乱効果による超短パルス発生理論解析;周波数差をRaman周波数に一致させた,2波長コヒーレントチヤープパルスを用いた誘導Raman散乱効果によるスペクトル変調の理論解析を行った。
Research field
  • Quantum optics in general
  • Optical waveguide, optical fibers, and fiber optics
  • Infrared and Raman spectra of inorganic molecules
  • Inorganic compounds and elements in general
Published papers related (In Japanese)(1)R. Morita, M. Yamashita, A. Suguro, H. Shigekawa: Opt. Commun. 197(2001) 73-81.
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)森田 隆二,亀屋 信博,森田 直志,勝呂 彰,山下 幹雄. 白色コヒーレント光波を用いたフェムト秒光パルス多波長同時整形と量子制御への応用. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.171 - 171.

PAGE TOP