Top > Search Research paper > (In Japanese)固体水素のコヒーレントラマン分光

(In Japanese)固体水素のコヒーレントラマン分光

Research report code R000000743
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)高柳 進
  • (In Japanese)是枝 聡肇
  • (In Japanese)鈴木 勝
  • (In Japanese)白田 耕蔵
  • (In Japanese)斉官 清四郎
Affiliation
  • (In Japanese)電気通信大学量子・物質工学科
  • (In Japanese)電気通信大学量子・物質工学科
  • (In Japanese)電気通信大学量子・物質工学科
  • (In Japanese)電気通信大学電気通信学部
  • (In Japanese)東北大学理学部
Research organization
  • (In Japanese)電気通信大学量子・物質工学科
  • (In Japanese)東北大学理学部
Report name (In Japanese)固体水素のコヒーレントラマン分光
Technology summary (In Japanese)固体水素は,気相と同様な高分解能分光が可能であり,分子間多体相互作用の研究に適した物質である。また,固体水素の非線形光学媒質としての応用には巨大なラマンコヒーレンスの発生が不可欠であるが,これには線幅が狭いことが本質的に重要である。本研究では,固体水素の基底状態から純振動励起状態へのラマン遷移,即ちQ1(0)ラマンスペクトルを分子数密度一定で定量した。高純度で均一性の高い固体パラ水素結晶を液相加圧成長法により作成し,測定にはラマン損失分光装置を用いた。
1)測定の結果,最低到達温度5.7Kにおいて半値半幅~5.1MHz(図1)を得た。
2)全測定温度領域においてほぼローレンツスペクトルであった。温度変化に伴うスペクトル線のシフトと線幅(図2)は,それぞれ指数関数的に増大した。解析した結果,ラマン線幅の起因は音響フオノンを介した分子振動の純位相緩和であると結論できる。これは,孤立分子の量子性と固体の高密度性をあわせ持つ固体水素に特徴的な結果といえる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000743_01SUM.gif R000000743_02SUM.gif
Research field
  • Nonlinear optics
  • Infrared and Raman spectra of inorganic molecules
  • Crystal growth of other inorganic compounds
  • Low‐temperature physics in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)高柳 進,是枝 聡肇,鈴木 勝,白田 耕藏,斉官 清四郎. 固体水素のコヒーレントラマン分光. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.181 - 181.

PAGE TOP