Top > Search Research paper > (In Japanese)有機・無機自己組織型量子井戸構造の創製とその固相重合

(In Japanese)有機・無機自己組織型量子井戸構造の創製とその固相重合

Research report code R000000749
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)田渕 裕子
  • (In Japanese)梅林 励
  • (In Japanese)浅井 圭介
  • (In Japanese)陸川 政弘
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)上智大学理工学部
Research organization
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)上智大学理工学部
Report name (In Japanese)有機・無機自己組織型量子井戸構造の創製とその固相重合
Technology summary (In Japanese)1)2次元系化合物の井戸幅,バリア幅と光学特性の相関:2次元系ペロブスカイト型化合物における井戸層厚,バリア層厚と励起子物性の関係を検討している。(CnH2n+1NH3)2PbX4など井戸層が1層,2層及び3層の層状ペロブスカイト型化合物を種々のアルキルアミンを用いて作製した。これらは量子閉じこめ構造に由来する鋭い励起子吸収を示した(図1)。その吸収ピークは無機層数の増大に伴い,低エネルギーシフトを示した。また,ハロゲンを塩素,臭素,ヨウ素と変化させた際にもバンドギャップの減少に伴い,励起子吸収,及びそれに伴う発光ピークの低エネルギーシフトが観察された。
2)層状ペロブスカイト型化合物の放射線重合による新規超格子の構築:層状ぺロブスカイト型化合物の有機層にジアセチレン結合を有する有機アミンを導入し,放射線照射によって,固相重合することを明らかにした。またその重合性は(CH2)unit数によって異なる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000749_01SUM.gif
Research field
  • Quantum optics in general
  • Semiconductor lasers
  • Excitons
  • Bases, metal oxides
  • Aliphatic amines, imines, quaternary ammonium, immonium compounds
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)田渕 裕子,梅林 励,浅井 圭介,陸川 政弘. 有機・無機自己組織型量子井戸構造の創製とその固相重合. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.191 - 191.

PAGE TOP