Top > Search Research paper > (In Japanese)2光子励起法顕微鏡法を用いた分泌機構観測系の確立

(In Japanese)2光子励起法顕微鏡法を用いた分泌機構観測系の確立

Research report code R013000229
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)河西 春郎
Affiliation
  • (In Japanese)岡崎国立共同研究機構生理学研究所
Research organization
  • (In Japanese)岡崎国立共同研究機構生理学研究所
Report name (In Japanese)2光子励起法顕微鏡法を用いた分泌機構観測系の確立
Technology summary (In Japanese)2光子励起顕微鏡法を新しいアプローチで新しい標本に適用して,カルシウム依存性細胞機能研究のブレークスルーとなる研究を行うことを企画した。実際,外分泌腺のカルシウム依存性開口放出が初めて可視化された結果,開口放出した分泌顆粒の構造が極めて安定で,逐次充填という機構で,開口放出が腺腔を拡張しながら細胞内に進むことを解明した。一方,膵臓ランゲルハンス島においてベータ細胞のインスリン顆粒の開口放出が初めて可視化された結果,開口放出は血管に面した細胞膜だけでなく,ほぼ細胞全周囲で起きること,開口放出した構造は極めて不安定で2~3秒で細胞膜に平滑化するなど,細胞表面を最も有効に利用した様式をとることが明らかとなった。2光子励起法をケイジドグルタミン酸に応用することにより,脳スライス標本内の中枢神経細胞樹状突起に,シナプス前終末がするのとほば同等な時間的空間的分布で,グルタミン酸を投与することに初めて成功した。
Research field
  • Microscopic methods of living organisms
  • Metabolism in general
  • Cell physiology in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Host Defense Mechanism
Information research report
  • (In Japanese)河西 春郎. 2光子励起法によるカルシウム依存性細胞機能の解析. 戦略的基礎研究推進事業「生体防御のメカニズム」 平成7年度採択課題終了シンポジウム,2001. p.17 - 17.

PAGE TOP