Top > Search Research paper > (In Japanese)リチウム電池におけるイオン移動

(In Japanese)リチウム電池におけるイオン移動

Research report code R013000269
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)小久見 善八
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学
Research organization
  • (In Japanese)京都大学
Report name (In Japanese)リチウム電池におけるイオン移動
Technology summary (In Japanese)リチウム電池の反応の進行には,界面を横切るリチウムイオンの移動,ホスト格子の再配列とその伝搬,電子のホスト格子内での移動,リチウムイオンの層間での移動の各反応ステップが考えられる(図1)。このような反応ステップにおける律速段階を明らかにし,界面リチウムイオン移動の寄与を明らかにするとともに,界面移動速度を向上させるための方向を明らかにすることを目指した。まず,リチウム二次電池の正極における界面インピーダンスを測定した。このインピーダンスに生ずるステップを明らかにし,その低減方法を開発するため,電子移動の関与しないセラミック電解質とポリマー電解質を用い,電解質/電解質界面のモデルセルを構築した(図2)。次に,層状構造酸化物へのリチウムイオンの挿入に伴うホスト格子の酸化還元反応と格子の変化を検討し,酸化物/電解質界面におけるリチウムイオンの移動に関する固体酸化物側の寄与を調べた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000269_01SUM.gif R013000269_02SUM.gif
Research field
  • Primary batteries
  • Secondary batteries
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Research and Development of System Technologies for Resource Recycling and Minimum Energy Requirement
Information research report
  • (In Japanese)小久見 善八. リチウム電池におけるイオン移動. 戦略的基礎研究推進事業「資源循環・エネルギーミニマム型システム技術」 第1回公開シンポジウム予稿集 「20世紀型文明」からの脱却を目指して,2001. p.41 - 45.

PAGE TOP