Top > Search Research paper > (In Japanese)Cu-1234におけるユニークなキャリア分布と熱伝導率

(In Japanese)Cu-1234におけるユニークなキャリア分布と熱伝導率

Research report code R013000281
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)渡辺 恒夫
  • (In Japanese)常盤 和靖
  • (In Japanese)小金沢 健尚
  • (In Japanese)大谷 到
  • (In Japanese)瓜田 直功
  • (In Japanese)三楠 聰
  • (In Japanese)伊原 英雄(故人)
Affiliation
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)独立行政法人 産業技術総合研究所
Research organization
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)独立行政法人 産業技術総合研究所
Report name (In Japanese)Cu-1234におけるユニークなキャリア分布と熱伝導率
Technology summary (In Japanese)Cu-1234のユニークな特徴は過剰ドープのCuO2層(OL)と最適ドープのCuO2層(IL)で作られる電子状態にある。我々は(CuC)-1234についてキャリア濃度を変えて測定した熱伝導率κの結果を示す。κの温度依存性は図1。Tcより上では温度による変化が非常に小さい。最も顕著な特徴は次の通りである。
(1)κはTcより下で増加し,ピークを持つ。
(2)κp(ピーク値)/κc(Tcでの値)はOLのキャリア濃度の増加とともにリニアに増える(図2(a))。
(3)Tp(ピーク温度)/Tcはリニアに減少する(図2(b))。
(4)d(κs/κc)/dt(κsはTc以下のκ,t=T/Tc)はキャリア濃度とともに増加し,キャリア濃度に依存する温度ではっきりと曲がる(図3)。
これらの結果から,フォノン伝導がまだ全体として大きいけれど,超伝導状態における散乱の減少のため準粒子の平均自由行程が増加することによって,OLのキャリア伝導がTcより下のピークを強めるのに大きく寄与しているように見える。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000281_01SUM.gif R013000281_02SUM.gif R013000281_03SUM.gif
Research field
  • Specific heat and thermal conduction in general
  • Properties of oxide superconductors
  • Superconducting materials
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)渡辺 恒夫,常盤 和靖,小金沢 健尚,大谷 到,瓜田 直功,三楠 聰,伊原 英雄. Unique Carrier Distribution and Thermal Conductivity in the Cu-1234.. The Second CREST Symposium on ''Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena'',2001. p.36 - 36.

PAGE TOP