Top > Search Research paper > (In Japanese)Cu-1234超伝導材料の高性能マイクロ波デバイスの可能性

(In Japanese)Cu-1234超伝導材料の高性能マイクロ波デバイスの可能性

Research report code R013000284
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)大嶋 重利
  • (In Japanese)Kusunoki Masanobu
  • (In Japanese)伊原 英雄(故人)
Affiliation
  • (In Japanese)山形大学工学部
  • (In Japanese)山形大学工学部
  • (In Japanese)独立行政法人 産業技術総合研究所
Research organization
  • (In Japanese)山形大学工学部
  • (In Japanese)独立行政法人 産業技術総合研究所
Report name (In Japanese)Cu-1234超伝導材料の高性能マイクロ波デバイスの可能性
Technology summary (In Japanese)高温超伝導(HTS)薄膜は高性能のマイクロ波受動デバイス(例えばフィルター,アンテナ,共振器)に使える可能性がある。そのためには「HTS薄膜の表面抵抗をいかに下げるか」を調べないといけない。加えて,デバイスを超伝導状態に保つために小型冷凍機が必要であるから,より高いTcの超伝導材料が必要である。我々はCu-1234の可能性を検証した。Cu-1234,Y-123それにHg-1223の超伝導パラメータの比較を行った。マイクロ波の用途には表面抵抗Rs,Tc,Jc,コヒーレンス長ξ,侵入距離λが最も重要なパラメータである。表1にそれらを比較する。Cu-1234は他と較べてξが大きくλが小さい。我々はJcとRsの相関を調べ,実験的に強い相関を見出した。RsはJdepair(対が破れる電流密度)に反比例する。JdepairはBcとλから計算できる(表2)。表3にその結果を示す。Cu-1234のJdepairは他と較べて大きい。それゆえRsは他より小さいと期待できる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000284_01SUM.gif R013000284_02SUM.gif R013000284_03SUM.gif
Research field
  • Properties of oxide superconductors
  • Superconducting materials
  • Transmission circuit elements in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)大嶋 重利,Kusunoki Masanobu,伊原 英雄. Possibility of High-Performance of Cu-1234 Superconductors for Microwave Devices. The Second CREST Symposium on ''Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena'',2001. p.39 - 39.

PAGE TOP