Top > Search Research paper > (In Japanese)位相制御フェムト秒光源を用いた波束エンジニアリング

(In Japanese)位相制御フェムト秒光源を用いた波束エンジニアリング

Research report code R013000326
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)松田 功
  • (In Japanese)三沢 和彦
  • (In Japanese)覧具 博義
Affiliation
  • (In Japanese)東京農工大学
  • (In Japanese)東京農工大学
  • (In Japanese)東京農工大学
Research organization
  • (In Japanese)東京農工大学
Report name (In Japanese)位相制御フェムト秒光源を用いた波束エンジニアリング
Technology summary (In Japanese)位相制御フェムト秒光源は,フェムト秒パルス発振器,パルス変調器およびパルス分析器で構成されている(図1)。100nmオーダーの幅を持つフェムト秒パルスがフーリエ面に変換される。各スペクトル成分に位相シフトをかけた後,パルスを復元する。位相変調器からの出力は周波数分解光ゲート法(FROG)で分析され,フェムト秒パルスの時間プロファイルと位相情報が得られる。望みの位相パターンは位相マスクを繰り返し調整することで得られる。図2にチャープの条件を変えたときのスペクトルと位相分散を示す。位相制御フェムト秒パルスによる波束形成がシアニン色素分子(IR-140)で観察されている。図3に,正のチャープ(PC)および負のチャープ(NC)の発光スペクトル強度を,transform-limitedのそれとの差分で示す。発光強度はPCとNCでそれぞれ増加,減少している。このチャープ依存発光はパルス内pump-dump過程で説明できる。NCパルスは狭い空間分布の励起波束を誘起し,一方PCでは広がってFranck-Condon窓から急速に逃げる。励起状態と基底状態の波束の重なり積分が励起状態分布数を決め,その結果発光強度を決める。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000326_01SUM.gif R013000326_02SUM.gif R013000326_03SUM.gif
Research field
  • Optical devices in general
  • Optical modulators
  • General
Published papers related (In Japanese)(1)Isao Matsuda, Kazuhiko Misawa, and Roy Lang, Abstracts of International Workshop on FST 2001, p.186 (2001).
(2)K. Misawa and T. Kobayashi, J. Chem. Phys. 113(17), 7546-7553 (2000).
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)松田 功,三沢 和彦,覧具 博義. Wave packet engineering using a phase-programmable femtosecond optical source. The Second CREST Symposium on ''Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena'',2001. p.154 - 154.

PAGE TOP