Top > Search Research paper > (In Japanese)六方晶YMnO3の光学的性質

(In Japanese)六方晶YMnO3の光学的性質

Research report code R013000346
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)高橋 淳一
  • (In Japanese)花村 榮一
  • (In Japanese)近 桂一郎
Affiliation
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)千歳科学技術大学
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
Research organization
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)千歳科学技術大学
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
Report name (In Japanese)六方晶YMnO3の光学的性質
Technology summary (In Japanese)六方晶YMnO3は強誘電体かつ反強磁性体で,キュリー温度およびネール温度はそれぞれ914Kおよび73Kである。我々はそのラマンおよびルミネッセンススペクトルを調べた。図1にラマンスペクトルを示す。ブロードな構造はxy平面上のスピン波分散から来ている。その構造の強度は温度が下がるにつれて増加し,重心が高エネルギー側に寄る。450/cmと680/cmのシャープなラインはΓ点A1フォノンである。870/cmと1270/cmのラインは450/cmと680/cmのラインと同じ対称性を持っており,それらは2フォノンモード(2×450/cmと2×680/cm)に帰することができる。他方1080/cmのラインはz(xx)z'およびz(xy)z'の配置に見られ,A1モードはz(xy)z'配置で消える。我々はそれをスピンゆらぎの一部とした。ブロードな構造はネール温度を通過する温度サイクルで大きなヒステレシスを持っている。ピン止めされた状態が室温付近まで残っているようだ。フォノンラインにはそれが見られない。ルミネッセンスはもう少し複雑な振る舞いを示す(図2)。80K以下で750nm付近に新しい発光が現れ,これはある縮退が反強磁性相で解かれることを示している。もう一つの顕著な特徴は高温で現れる800nm付近の肩のところであり,その強度は100K以下で平坦域を示している。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000346_01SUM.gif R013000346_02SUM.gif
Research field
  • Infrared spectra, Raman scattering and Raman spectra of inorganic compounds
  • Luminescence of inorganic compounds
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)高橋 淳一,花村 榮一,近 桂一郎. Optical properties of hexagonal YMnO3. The Second CREST Symposium on ''Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena'',2001. p.192 - 192.

PAGE TOP