Top > Search Research paper > (In Japanese)二つの秩序パラメータ,強誘電性と反強磁性の結合

(In Japanese)二つの秩序パラメータ,強誘電性と反強磁性の結合

Research report code R013000347
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)萩田 克美
  • (In Japanese)田辺 行人
  • (In Japanese)花村 榮一
Affiliation
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)千歳科学技術大学
Research organization
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)千歳科学技術大学
Report name (In Japanese)二つの秩序パラメータ,強誘電性と反強磁性の結合
Technology summary (In Japanese)第二次高調波の干渉効果の測定から六方晶YMnO3の強誘電性(FEL)と反強磁性(AFM)の秩序パラメータがFELドメイン境界で相関していることが確かめられた。二光子共鳴に対応する第二次高調波発生(SHG)感受率の主な項は次式で得られる。(図1)
ここではMn1イオンのスピンSx成分の期待値,VzxとVxは低対称電場の期待値,γ<<1である。χyyy(c)とχzyy(i)による干渉効果の実験によれば強誘電性Pzのドメイン境界では常に副格子磁化の反転を伴う。この結果はFELドメイン境界における二つの秩序パラメータ間の相関の明白な証拠であり,クランピングモデルとも一致する。FELドメイン境界でのスピン反転の安定性を見積もった。それによるとスピン反転はドメイン境界におけるスピン間に働く有効カップリングが強磁性的になるときに起こることが確かめられた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000347_01SUM.gif
Research field
  • Nonlinear optics
  • Ferroelectrics, antiferroelectrics and ferroelasticity
  • Magnetic properties of oxides
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)萩田 克美,田辺 行人,花村 榮一. Strong coupling of two order parameters, ferroelectric and antiferromagnetic.. The Second CREST Symposium on ''Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena'',2001. p.193 - 194.

PAGE TOP