Top > Search Research paper > (In Japanese)超分子組織化ポルフィリン連鎖体の非線形光学特性と分子エレクトロニクス

(In Japanese)超分子組織化ポルフィリン連鎖体の非線形光学特性と分子エレクトロニクス

Research report code R013000355
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)小川 和也
  • (In Japanese)森川 諭
  • (In Japanese)池田 忠作
  • (In Japanese)大橋 淳史
  • (In Japanese)藤原 栄一
  • (In Japanese)小夫家 芳明
Affiliation
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
Research organization
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
Report name (In Japanese)超分子組織化ポルフィリン連鎖体の非線形光学特性と分子エレクトロニクス
Technology summary (In Japanese)配位結合により結合を解裂を制御できるポルフィリンの超分子組織化体の設計・合成を行い大きな非線形性を示す材料の開発と分子配線を試みた。ビス(イミダゾリルポルフィリン)3a へ亜鉛を挿入すると,ポルフィリンの多量組織化体 4 が得られる。4 は分子量が10万を越えるポリマーであるが,メタノールやピリジンの添加によりユニット 3c へ解離し,ターミネーター分子 1b および 3b との再組織化でオリゴマー 5~7 および 8~10 を得ることができる。三次の非線形光学特性は 5~7 よりも 8~10 の方が一桁大きい値を示した。さらに大きな非線形性と高い電気伝導性を得るためにポルフィリン間の共役系を広げたビスアセチレン架橋二量体 11 を合成した。また,より強固な組織化のネットワークを可能とするために二次元伸張型5量体 12 を合成した(図1)。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000355_01SUM.gif
Research field
  • Complexes of 9 and 10 groups
  • Molecular compounds
  • Imidazoles
  • Eight or more‐membered heterocyclic compounds
  • Biosubstance in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)小川 和也,森川 諭,池田 忠作,大橋 淳史,藤原 栄一,小夫家 芳明. 超分子組織化ポルフィリン連鎖体の非線形光学特性と分子エレクトロニクス. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.34 - 34.

PAGE TOP