Top > Search Research paper > (In Japanese)キラル-アキラルランダム共重合体のらせん構造について

(In Japanese)キラル-アキラルランダム共重合体のらせん構造について

Research report code R013000359
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)佐藤 尚弘
  • (In Japanese)寺尾 憲
  • (In Japanese)寺本 明夫
  • (In Japanese)藤木 道也
  • (In Japanese)中島 寛
  • (In Japanese)Jurian R. Koe
  • (In Japanese)森野 一英
  • (In Japanese)前田 勝浩
  • (In Japanese)八島 栄次
  • (In Japanese)岡本 佳男
Affiliation
  • (In Japanese)大阪大学
  • (In Japanese)立命館大学
  • (In Japanese)立命館大学
  • (In Japanese)日本電信電話(株)
  • (In Japanese)日本電信電話(株)
  • (In Japanese)国際基督教大学
  • (In Japanese)名古屋大学
  • (In Japanese)名古屋大学
  • (In Japanese)名古屋大学
  • (In Japanese)名古屋大学
Research organization
  • (In Japanese)国際基督教大学
  • (In Japanese)大阪大学
  • (In Japanese)日本電信電話(株)
  • (In Japanese)名古屋大学
  • (In Japanese)立命館大学
Report name (In Japanese)キラル-アキラルランダム共重合体のらせん構造について
Technology summary (In Japanese)らせん高分子中の各モノマー単位は,左あるいは右らせん状態のどちらかをとる。その2状態の出現確率は光学活性側鎖と主鎖間,あるいは隣接モノマー単位に結合している側鎖間のキラル相互作用によって決定される。共重合体の隣接側鎖間の相互作用には,キラル-キラルモノマー (CC) ,キラル-アキラルモノマー (CA) ,及びアキラル-アキラルモノマー (AA) 間の3種類の相互作用が存在し,このうち前者2種類の相互作用が,各モノマー単位の左右らせん状態を差別化する。従来の理論では,左右らせん状態の自由エネルギー差(2ΔGh)は1種類しか考慮しておらず,したがって組成によるらせん反転は予言できなかった。今回の理論では,CC および CA 間の2種類の自由エネルギー差を考えて,実験との比較を行った。図1に,例としてあるポリ(ジアリルシラン)ランダム共重合体の enantiomer excess (e.e.) 量の組成依存性の実験と今回の理論との比較を示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000359_01SUM.gif
Research field
  • Organosilicon compounds
  • Structure and morphology of polymer solids
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)佐藤 尚弘,寺尾 憲,寺本 明夫,藤木 道也,中島 寛,Jurian R. Koe,森野 一英,前田 勝浩,八島 栄次,岡本 佳男. キラル-アキラルランダム共重合体のらせん構造について. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.36 - 36.

PAGE TOP