Top > Search Research paper > (In Japanese)らせん超分子構造制御

(In Japanese)らせん超分子構造制御

Research report code R013000365
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)三治 敬信
Affiliation
  • (In Japanese)東京理科大学
Research organization
  • (In Japanese)東京理科大学
Report name (In Japanese)らせん超分子構造制御
Technology summary (In Japanese)光学活性有機高分子鎖とポリシラン鎖とのブロック共重合体(図1)において,ポリシラン鎖へのらせん誘起の可能性があると考えた。マスクしたジシレンのアニオン重合法を用いてポリシランと,溶媒中で安定な一方向らせん構造のポリ(トリフェニルメチルメタクリレート)(PTrMA) のブロック共重合体を合成した。温度可変CDスペクトル測定より,室温ではブロック共重合体中の PtrMA のみが一方向巻きのらせん構造をとり,低温では PtrMA らせんがポリシラン鎖に基づく正のコットン効果が現れた(図2)。このらせん誘起は温度変化に対し可逆的であり,固体状態でも観測された。これらの現象は,“らせん構造がらせんを誘起する”ものとして理解される。さらに自己集合過程におけるらせん状高次構造の構築により,新しいナノキラル物質として期待される。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000365_01SUM.gif R013000365_02SUM.gif
Research field
  • Electrooptical effects, magnetooptical effects
  • Organosilicon compounds
  • Structure and morphology of polymer solids
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)三治 敬信. らせん超分子構造制御. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.41 - 41.

PAGE TOP