Top > Search Research paper > (In Japanese)Hydroxyapatite / type I collagen 複合体を用いた人工椎体の開発

(In Japanese)Hydroxyapatite / type I collagen 複合体を用いた人工椎体の開発

Research report code R013000379
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)伊藤 聰一郎
  • (In Japanese)四宮 謙一
  • (In Japanese)高久田 和夫
  • (In Japanese)小山 富久
  • (In Japanese)菊池 正紀
  • (In Japanese)田中 順三
Affiliation
  • (In Japanese)東京医科歯科大学整形外科
  • (In Japanese)東京医科歯科大学整形外科
  • (In Japanese)東京医科歯科大学生体材料工学研究所システム部門機械分野
  • (In Japanese)東京医科歯科大学生体材料工学研究所システム部門機械分野
  • (In Japanese)独立行政法人 物質・材料研究機構物質研究所
  • (In Japanese)独立行政法人 物質・材料研究機構生体材料研究センター
Research organization
  • (In Japanese)東京医科歯科大学整形外科
  • (In Japanese)東京医科歯科大学生体材料工学研究所システム部門機械分野
  • (In Japanese)独立行政法人 物質・材料研究機構物質研究所
Report name (In Japanese)Hydroxyapatite / type I collagen 複合体を用いた人工椎体の開発
Technology summary (In Japanese)新規開発素材Hydroxyapatite / type I collagen (HAp/Col) 複合体を用いて骨接合型人工椎体を作製し,in vivo でその有効性を評価した。HAp/Col 複合体を採型し,rhBMP-2を吸着させた群(BMP(+)群)と溶媒のみを吸着させた群(BMP(-)群)を作り,それぞれについて脱転予防のためにPLLAプレートで固定した群(plate(+)群)を作った。術後2週間毎のレントゲン撮影と,13, 24 週間後に試料を採取して,組織学的観察を行った。椎間高の減少率を図1に,上下椎体かた架橋様に伸びる新生骨間距離を図2に示した。HAp/Col が内軟骨性骨化により骨と直接結合すること,骨原性細胞を誘導して骨形成調整系を形成することが示唆された。また,rhBMP-2 を吸着させたHAp/Col インプラントをPLLA プレートで固定する当システムは,臨床応用可能な頚椎前方固定用システムであると期待される。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000379_01SUM.gif R013000379_02SUM.gif
Research field
  • Skeletal system
  • Medicine on musculoskeletal system in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)伊藤 聰一郎,四宮 謙一,高久田 和夫,小山 富久,菊池 正紀,田中 順三. hydroxyapatite/type I collagen複合体を用いた人工椎体の開発. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.48 - 48.

PAGE TOP