Top > Search Research paper > (In Japanese)膝関節靱帯再建用,生体腱のリン酸カルシウムコーティングシステムの開発

(In Japanese)膝関節靱帯再建用,生体腱のリン酸カルシウムコーティングシステムの開発

Research report code R013000383
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)坂根 正孝
  • (In Japanese)六崎 裕高
  • (In Japanese)田中 忍
  • (In Japanese)宮永 豊
  • (In Japanese)下條 仁士
  • (In Japanese)田中 順三
  • (In Japanese)山口 勇
  • (In Japanese)岡 洋一
  • (In Japanese)横山 能周
  • (In Japanese)太田 邦博
Affiliation
  • (In Japanese)筑波大学
  • (In Japanese)筑波大学
  • (In Japanese)筑波大学
  • (In Japanese)筑波大学
  • (In Japanese)筑波大学
  • (In Japanese)独立行政法人 物質・材料研究機構
  • (In Japanese)多木化学(株)
  • (In Japanese)多木化学(株)
  • (In Japanese)エスコム(株)
  • (In Japanese)タマチ工業(株)
Research organization
  • (In Japanese)エスコム(株)
  • (In Japanese)タマチ工業(株)
  • (In Japanese)茨城県立医療大学
  • (In Japanese)多木化学(株)
  • (In Japanese)筑波大学
  • (In Japanese)独立行政法人 物質・材料研究機構
Report name (In Japanese)膝関節靱帯再建用,生体腱のリン酸カルシウムコーティングシステムの開発
Technology summary (In Japanese)新たに作成したリン酸カルシウムのコーティングの自動化装置を用い,屍体膝から採取したヒト STG 移植腱を,手術中にコーティング処理を行い,大腿骨・関節内・脛骨部分の無機物含量を測定した。関節内部分にあたる部分はラテックスゴムでマスキングを施した。Ca 溶液,リン酸溶液に浸漬する時間を,3 (分)×5 (サイクル) ,1×15,30 (秒)×20 で行った。腱内無機物含有量を増加させるには,一回浸漬時間を増やすより,サイクル数を増やすことの方が重要である(表1)。マスキングは有効であり,関節内部分のコーティングを防止できた。20・15 サイクルでは,脛骨側が大腿骨側に比べて有意に無機物含有量が大であった。固定用縫合糸の針穴から溶液がより浸透したと考えられる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000383_01SUM.gif
Research field
  • Skeletal system
  • Basic medicine on musculoskeletal system
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)坂根 正孝,六崎 裕高,田中 忍,宮永 豊,下條 仁士,田中 順三,山口 勇,岡 洋一,横山 能周,太田 邦博. 膝関節靭帯再建用,生体腱のリン酸カルシウムコーティングシステムの開発. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.51 - 51.

PAGE TOP