Top > Search Research paper > (In Japanese)キラルなイミドを用いた不斉4級炭素の構築

(In Japanese)キラルなイミドを用いた不斉4級炭素の構築

Research report code R013000398
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)阿部 友亮
  • (In Japanese)鈴木 達夫
  • (In Japanese)関口 和彦
  • (In Japanese)細川 誠二郎
  • (In Japanese)小林 進
Affiliation
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)東京理科大学
  • (In Japanese)東京理科大学
Research organization
  • (In Japanese)東京理科大学
Report name (In Japanese)キラルなイミドを用いた不斉4級炭素の構築
Technology summary (In Japanese)不斉4級炭素の構築は,いまだ多くの問題を抱えている。我々はオキサゾリドンを不斉補助基としたキラルなイミドを用いて,立体選択的な求核反応により不斉4級炭素を構築した。この方法により,madindoline Aの全合成が達成されている。今回この方法の一般性等を検討した。キラルなα, β-不飽和イミドに塩基を作用させてγ位のプロトンを引き抜くことにより,立体制御されたdienol anion中間体を得た。これに求電子剤を作用させて,α位に不斉4級炭素を構築した(図1)。この中間体はTBS基で捕捉することによりEエノラートであることがわかった。種々検討した結果,塩基としてNaHMDS,溶媒としてTHFを用いた場合に高い位置及び立体選択性でα-アルキル化体が得られた。この方法により,様々な求電子試薬を用いて不斉4級炭素を高立体選択的に構築した。また,その絶対立体配置の決定についても報告する。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000398_01SUM.gif
Research field
  • Stereochemistry of organic reaction
  • Regiochemistry of organic reaction
  • Nitrogen derivatives of aliphatic carboxylic acids
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)阿部 友亮,鈴木 達夫,関口 和彦,細川 誠二郎,小林 進. キラルなイミドを用いた不斉4級炭素の構築. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.62 - 62.

PAGE TOP