Top > Search Research paper > (In Japanese)カテキンオリゴマーの合成研究

(In Japanese)カテキンオリゴマーの合成研究

Research report code R013000402
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)牛丸 尚子
  • (In Japanese)大森 建
  • (In Japanese)鈴木 啓介
Affiliation
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
Report name (In Japanese)カテキンオリゴマーの合成研究
Technology summary (In Japanese)フラボン系ポリフェノール類は古くから人々の生活に密接に関ってきたが,最近その生理活性があらためて注目されている。しかし,これらはいわゆる“ポリフェノール”として分子量分布を持つ混合物として取り扱われ,個々の化合物の化学的性質や生理活性等は不明である。今回,我々はカテキンを構成単位とするオリゴマーIの合成法について研究を行った(図1)。基本方針としては,糖鎖合成からの類推から「オルトゴナル合成」の概念を採用した。すなわち,異なる条件下で活性化可能なカテキン供与体A, Bをそれぞれ合成し,これらを用いてカテキン単位を順次伸長していく計画を立てた。なお,分子力場計算の結果から,Iは6ユニットで一周期を成す螺旋構造をとることが示唆されている。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000402_01SUM.gif
Research field
  • Condensed derivatives of pyrane
  • Polymerization in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)牛丸 尚子,大森 建,鈴木 啓介. カテキンオリゴマーの合成研究. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.65 - 65.

PAGE TOP