Top > Search Research paper > (In Japanese)シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究

(In Japanese)シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究

Research report code R013000406
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)高倉 宏之
  • (In Japanese)高倉 宏之
  • (In Japanese)高倉 宏之
  • (In Japanese)不破 春彦
  • (In Japanese)不破 春彦
  • (In Japanese)本多 集悟
  • (In Japanese)本多 集悟
  • (In Japanese)佐々木 誠
  • (In Japanese)佐々木 誠
  • (In Japanese)佐々木 誠
  • (In Japanese)橘 和夫
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)東北大学大学院生命科学研究科
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)東北大学大学院生命科学研究科
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
Research organization
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
  • (In Japanese)東北大学大学院生命科学研究科
Report name (In Japanese)シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究
Technology summary (In Japanese)ラクトン由来のエノールトリホスフェートのPd (0) 触媒によるカルボニル化反応を用いる中員環エーテル合成法によりシガトキシンF環部構築法を開発し,これとβ-アルキル鈴木カップリング反応によるエーテル環連結法を組み合わせることによりFGHIJKLM環部1の収束的合成法を達成した(図1)。また,上記エーテル環連結法を駆使して,ポリエーテル化合物ガンビエロールの8環性ポリエーテル骨格2,ギムノシン-AのFGHIJKLMN環部フラグメント3の合成を達成し,本方法論の有効性を実証した(図2,図3)。現在,これらポリエーテル化合物の全合成を達成すべく検討を行っている。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000406_01SUM.gif R013000406_02SUM.gif R013000406_03SUM.gif
Research field
  • Eight or more‐membered heterocyclic compounds
  • Synthesis of antibiotics
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)高倉 宏之,不破 春彦,本多 集悟,佐々木 誠,橘 和夫. シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.67 - 67.

PAGE TOP