Top > Search Research paper > (In Japanese)人工光合成材料としてのポルフィリン単分子膜修飾金クラスターの開発

(In Japanese)人工光合成材料としてのポルフィリン単分子膜修飾金クラスターの開発

Research report code R013000419
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)今堀 博
  • (In Japanese)柏木 行康
  • (In Japanese)福住 俊一
  • (In Japanese)花田 剛
  • (In Japanese)西村 賢宣
  • (In Japanese)山崎 巌
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学産業科学研究所
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)大阪大学産業科学研究所
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)人工光合成材料としてのポルフィリン単分子膜修飾金クラスターの開発
Technology summary (In Japanese)ポルフィリン単分子修飾金クラスターはポリフィリンダイマージスルフィド存在下に金 (III) をNaBH4で還元することで合成し,分子ふるいグラマトグラフィーを用いて精製した(図1)。分子量は約210,000となり,構造の明確なポルフィリン集合体としては今まで報告されているものの中で最も大きい。平坦な2次元金基板上のポルフィリン単分子膜と比較すると,その単位面積当りのポルフィリンの充填率は1桁向上した。この結果は高効率の光捕集の実現が可能であることを示している。また,平均蛍光寿命を2次元状ポルフィリン単分子膜と比べると,約35倍長くなった。これは2次元のバルク系ではポルフィリンの励起1重項が効率よく金表面によって失活するのに対して,3次元のクラスター系では“量子効果”のためその失活が大幅に抑制されることを意味している。ポルフィリン単分子膜修飾金クラスターが人工光合成材料として有望であることを示すことができた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000419_01SUM.gif
Research field
  • Biosubstance in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)今堀 博,柏木 行康,福住 俊一,花田 剛,西村 賢宣,山崎 巌. 人工光合成材料としてのポルフィリン単分子膜修飾金クラスターの開発. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.74 - 74.

PAGE TOP