Top > Search Research paper > (In Japanese)ポルフィリン・フラーレン連結系を用いた超長寿命電荷分離状態の生成

(In Japanese)ポルフィリン・フラーレン連結系を用いた超長寿命電荷分離状態の生成

Research report code R013000420
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)Dirk M. Guldi
  • (In Japanese)今堀 博
  • (In Japanese)福住 俊一
Affiliation
  • (In Japanese)ノートルダム大学
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)ノートルダム大学
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)ポルフィリン・フラーレン連結系を用いた超長寿命電荷分離状態の生成
Technology summary (In Japanese)我々は,電子移動の再配列エネルギーが小さいポルフィリン・フラーレン連結系を用いて初めて光合成の電荷寿命に匹敵する電荷分離状態を生成することに成功した。分子内で多段階電子移動が可能となるよう分子設計された4分子系 (Fe-ZnP-H2-C60) を合成した(図1)。極性溶媒中での過渡吸収スペクトル測定から,亜鉛ポルフィリン (ZnP) からフリーベースポルフィリン (H2P) への1重項・1重項エネルギー移動,C60への電子移動,ZnPから生成したフリーベースポルフィリンラジカルカチオンへの電荷のシフト,さらにフェロセンから亜鉛ポルフィリンラジカルカチオンへの電荷のシフトが起こり,フェロセニウムイオン・C60ラジカルアニオン対が分子内で生成した。生成した電荷分離状態は光ESR法により,凍結ベンゾニトリル中で最長0.38秒の寿命であった。今までの光合成モデル連結系の寿命として最も長く,光合成の電荷分離寿命 (1秒) に匹敵するものであった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000420_01SUM.gif
Research field
  • Microwave optical double resonance
  • Biosubstance in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)今堀 博,福住 俊一,Dirk M. Guldi. ポルフィリン・フラーレン連結系を用いた超長寿命電荷分離状態の生成. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.74 - 74.

PAGE TOP