Top > Search Research paper > (In Japanese)NADHモデル反応の金属イオン触媒制御

(In Japanese)NADHモデル反応の金属イオン触媒制御

Research report code R013000421
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)藤井 義則
  • (In Japanese)稲田 理
  • (In Japanese)伊東 忍
  • (In Japanese)福住 俊一
  • (In Japanese)大久保 敬
  • (In Japanese)末延 知義
  • (In Japanese)今堀 博
Affiliation
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪市立大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)大阪市立大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)NADHモデル反応の金属イオン触媒制御
Technology summary (In Japanese)4-アルキルNADH類似体の1-ベンジル-4-t-ブチル-1,4-ジヒドロニコチンアミド (tBuBNAH) のアセトニトリル溶液にp-ベンゾキノン (Q) を添加しても反応は全く進行しないが,スカンジウムトリフラート [Sc(OSO2CF3)3] を添加するとNADH類縁体とQとの環化付加生成物が定量的に得られた(図1)。X線結晶構造解析によりtBuBNAHとQとの付加生成物は,[2+3] 環化付加体であった。他の希土類金属塩を用いても同様の反応が進行したが,マグネシウムイオン [Mg(ClO4)2] を用いた場合には,BNAHからQへの電子移動過程を経てヒドリド移動反応が進行することを見出した(図1)。このような反応経路の違いは,金属イオンのルイス酸性の違いに由来すると考えられ,NADH類縁体からQへの電子移動の結果生成するセミキノンラジカルアニオン (Q・-) と金属イオンとの錯体の求核性の違いによることがわかった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000421_01SUM.gif
Research field
  • Complexes of nontransition metal elements
  • Complexes of 3 groups
  • Molecular compounds
  • Nucleosides, nucleotides
Published papers related (In Japanese)(1)福住 俊一,藤井 義則,稲田 理,大久保 敬,伊藤 忍,末延 知義,今堀 博,NADHモデル反応の金属イオン触媒制御 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.75-75
(2)Fukuzumi S; Fujii Y. Suenobu, T.j. Am. Chem. Soc. 2001, 123, 10191
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)福住 俊一,藤井 義則,稲田 理,大久保 敬,伊東 忍,末延 知義,今堀 博. NADHモデル反応の金属イオン触媒制御. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.75 - 75.

PAGE TOP