Top > Search Research paper > (In Japanese)フェロセン-キノン類の連結系の基底状態における分子内電子移動反応の金属イオン添加効果

(In Japanese)フェロセン-キノン類の連結系の基底状態における分子内電子移動反応の金属イオン添加効果

Research report code R013000423
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)岡本 健
  • (In Japanese)吉田 裕
  • (In Japanese)荒木 保幸
  • (In Japanese)伊藤 攻
  • (In Japanese)今堀 博
  • (In Japanese)福住 俊一
  • (In Japanese)今堀 博
Affiliation
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
Report name (In Japanese)フェロセン-キノン類の連結系の基底状態における分子内電子移動反応の金属イオン添加効果
Technology summary (In Japanese)自由度のあるメチレンスペーサーを持つフェロセン-ナフトキノン連結系 (Fc-NQ) 及び堅固なアミドスペーサーを持つフェロセン-キノン連結系 (Fc-Q) を新規に合成し,基底状態における分子内電子移動可能な金属イオン添加効果及び光電子移動における水素結合生成のダイナミクスを検討した(図1)。Fc-NQ及びFc-QはFc部位からNQ部位およびQ部位への電子移動の自由エネルギー変化は各々 (ΔG0et=0.55eV, 1.19eV) と正になるため,室温でFc部位からQ部位へ電子移動は起こらない。しかしFc-NQのMeCN溶液にSc(OTf)3を添加するとフェロセニウムイオン由来の860nm付近及びセミキノンラジカルアニオン由来の420nm付近が同時に上昇した。従って分子内電子移動が金属イオン添加により進行することがわかった。この時セミキノンラジカルアニオンはSc3+と錯体を生成していると考えられ,Fc+-NQ・-/Sc3+錯体の生成がESRスペクトル測定により確認された。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000423_01SUM.gif
Research field
  • Complexes of 3 groups
  • Iron complex
  • Molecular compounds
Published papers related (In Japanese)(1)Fukuzumi, S.; Yoshida Y.,Okamoto, K.; Imahori, H.; Araki Y. Ito, O. J. Am. Chem. Soc. 2002,124,6794.
(2)Fukuzumi S.; Okamoto K; Imahori H. Angew. Chem. Int. Ed. 2002,41,620
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)福住 俊一,岡本 健,吉田 裕,荒木 保幸,伊藤 攻,今堀 博. フェロセン-キノン類の連結系の基底状態における分子内電子移動反応の金属イオン添加効果. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.76 - 76.

PAGE TOP