Top > Search Research paper > (In Japanese)過渡円二色性測定装置の開発と有機化合物への適用

(In Japanese)過渡円二色性測定装置の開発と有機化合物への適用

Research report code R013000424
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)荒木 保幸
  • (In Japanese)今井 健
  • (In Japanese)小西 利史
  • (In Japanese)藤塚 守
  • (In Japanese)伊藤 攻
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
Research organization
  • (In Japanese)東北大学多元物質科学研究所
Report name (In Japanese)過渡円二色性測定装置の開発と有機化合物への適用
Technology summary (In Japanese)円二色測定は,chiralな化合物の構造情報を得る為に広く利用されている。しかし,光化学反応中間体などの過渡種に適応した例は金属錯体等きわめて限られている。そこで我々は,過渡円二色性測定装置を構築し,有機化合物である光学活性アミン配位亜鉛ポルフィリンダイマーの励起三重項における過渡円二色性測定,光励起電子移動反応におけるダイマーカチオンの過渡円二色性測定を試みた。図1に今回構築した,過渡円二色測定装置の概略を示す。キセノンランプを楕円偏向に偏向させモニター光とし,ns OPO laserによりサンプルを励起する。図2は,光学活性アミン配位亜鉛ポリフィリンダイマー (ZnP-dimer-(R)-amine) の基底状態におけるCDスペクトルと,我々が今回構築した装置でのそれを比較した。基底状態のCD測定に成功していることがわかる。これにns laser照射を組み合わせる事で,nsの時間分離能で過渡円二色測定が行えると考えている。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000424_01SUM.gif R013000424_02SUM.gif
Research field
  • Electrooptical effects, magnetooptical effects
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)荒木 保幸,今井 健,小西 利史,藤塚 守,伊藤 攻. 過渡円二色性測定装置の開発と有機化合物への適用. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.77 - 77.

PAGE TOP