Top > Search Research paper > (In Japanese)平面大環状分子ジエチニルベンゼンマクロサイクルの溶液中における自己会合挙動

(In Japanese)平面大環状分子ジエチニルベンゼンマクロサイクルの溶液中における自己会合挙動

Research report code R013000426
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)戸部 義人
  • (In Japanese)荒木 俊二
  • (In Japanese)足立 清美
  • (In Japanese)園田 素啓
  • (In Japanese)廣瀬 敬治
Affiliation
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
Report name (In Japanese)平面大環状分子ジエチニルベンゼンマクロサイクルの溶液中における自己会合挙動
Technology summary (In Japanese)オクチルエステル鎖を有する1a, 2aおよびポリエーテルエステル鎖をもつ2a, 2bについて,非極性溶媒(クロロホルム),芳香族溶媒(トルエン),極性溶媒(アセトン,アセトニトリル,メタノール)を用いて実験を行った(図1)。1H NMRの濃度依存性はすべて二量化を仮定して解析でき,非極性溶媒中では会合定数が10のオーダーであるのに対し,極性溶媒中では105のオーダーにも達するという結果になった。一方,VPO(蒸気圧浸透圧)法を用いた場合,クロロホルム中では1H NMR測定の場合と同様に主に二量化が起こっていることが確かめられたが,トルエン中ではより大きな会合体(オリゴマー程度)が形成され,その会合定数は二量化の会合定数と同程度(102~103)であることがわかった。極性溶媒(アセトン)中ではさらに大きな会合体が形成され,その会合定数(103)も二量化(102)より一桁大きいことが明らかとなった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000426_01SUM.gif
Research field
  • Molecular compounds
  • Polycyclic carbocyclic compounds in general
  • Spectroanalysis
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)戸部 義人,荒木 俊二,足立 清美,園田 素啓,廣瀬 敬治. 平面大環状分子ジエチニルベンゼンマクロサイクルの溶液中における自己会合挙動. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.78 - 78.

PAGE TOP