Top > Search Research paper > (In Japanese)内部に三次元空孔を有するポリエンイン型大環状化合物の構築

(In Japanese)内部に三次元空孔を有するポリエンイン型大環状化合物の構築

Research report code R013000428
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)伊与田 正彦
  • (In Japanese)中村 叙子
  • (In Japanese)戸高 美絵
  • (In Japanese)山縣 祥子
  • (In Japanese)堀野 建
  • (In Japanese)桑谷 善之
  • (In Japanese)吉田 正人
Affiliation
  • (In Japanese)東京都立大学
  • (In Japanese)東京都立大学
  • (In Japanese)東京都立大学
  • (In Japanese)東京都立大学
  • (In Japanese)東京都立大学
  • (In Japanese)東京都立大学
  • (In Japanese)東京都立大学
Research organization
  • (In Japanese)東京都立大学
Report name (In Japanese)内部に三次元空孔を有するポリエンイン型大環状化合物の構築
Technology summary (In Japanese)ポリエンイン型大環状化合物1, 2は,オクタデカアリール[9]ラジアレン3のπ系を拡張した分子であり,AM1計算からD3対称に近いC3対称構造1a, 2aが予想される(図1)。その結果,1a, 2aでは内部に直径5.1Å及び6.6Åの空孔ができ,小さな分子やイオンを取り込むことが可能になる。また,1, 2はその周囲を芳香環で取り囲まれた剛直な構造をしているので,このようなπホスト分子の溶液中での構造とゲスト選択性にも興味が持たれる。1, 2の合成は,銅アート型カルベノイド錯体の三量化によって調製したヘキサアリール[3]デンドラレン誘導体にアセチレンを導入し,さらにそのカップリング反応による環状三量化を用いて行った。得られた1, 2は,熱および光に対して安定であり,2つのC3対称構造1a, 2aが反転を起こす動的な系であった。また,1, 2は銀イオンなどを取り込んでπ錯体を作るので,それらのスイッチ機能などが期待される。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000428_01SUM.gif
Research field
  • Molecular compounds
  • Stereochemistry of organic reaction
  • Regiochemistry of organic reaction
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)伊与田 正彦,中村 叙子,戸高 美絵,山縣 祥子,堀野 建,桑谷 善之,吉田 正人. 内部に三次元空孔を有するポリエンイン型大環状化合物の構築. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.79 - 79.

PAGE TOP