Top > Search Research paper > (In Japanese)アザジルコナサイクルの酸塩化物との反応

(In Japanese)アザジルコナサイクルの酸塩化物との反応

Research report code R013000434
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)近藤 良彦
  • (In Japanese)李 艶忠
  • (In Japanese)中島 清彦
  • (In Japanese)高橋 保
Affiliation
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)愛知教育大学
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
Research organization
  • (In Japanese)愛知教育大学
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
Report name (In Japanese)アザジルコナサイクルの酸塩化物との反応
Technology summary (In Japanese)複素環化合物は医薬品合成など生化学や医学分野への応用の可能性を持った非常に重要な化合物群であり,その複素環の合成法として有機金属を用いる方法が盛んに研究されている。最近,当研究室ではジルコニウムを用いたアルキンとイソシアン酸のカップリング反応により,α, β-不飽和アミドが得られることを見い出している。この反応の中間体はアザジルコナサイクルあるいはオキソジルコナサイクルであると考えられ,この中間体の反応性に関する研究を行っていたところ,この錯体に対して触媒量の塩化銅存在下,酸塩化物を反応させることによって,含窒素五員環であるピロリノン誘導体2が良好な収率で得られた(図1,表1)。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000434_01SUM.gif R013000434_02SUM.gif
Research field
  • Complexes of 9 and 10 groups
  • 4A and 5A groups
  • Pyrroles
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)近藤 良彦,李 艶忠,中島 清彦,高橋 保. アザジルコナサイクルの酸塩化物との反応. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.82 - 82.

PAGE TOP