Top > Search Research paper > (In Japanese)キノン配位子を有する二核ルテニウム-オキソ錯体による酸化反応

(In Japanese)キノン配位子を有する二核ルテニウム-オキソ錯体による酸化反応

Research report code R013000438
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)和田 亨
  • (In Japanese)田中 晃二
Affiliation
  • (In Japanese)岡崎国立共同研究機構分子科学研究所
  • (In Japanese)岡崎国立共同研究機構分子科学研究所
Research organization
  • (In Japanese)岡崎国立共同研究機構分子科学研究所
Report name (In Japanese)キノン配位子を有する二核ルテニウム-オキソ錯体による酸化反応
Technology summary (In Japanese)本研究では,プロトン解離によって生じた向かい合わせの構造を有する二核ルテニウム-オキソ錯体(図1)の酸化還元挙動と酸化反応に対する触媒活性について検討した。二核ルテニウム-ヒドロキソ錯体 ([1]2+) は単核錯体と同様にプロトンを解離することにより,オキソ-セミキノン錯体へと変換された。メタノール溶液中でのCV測定および電子吸収スペクトルの測定から,二核オキソ錯体は +0.40V (vs Ag/AgCl) でセミキノン/キノンの可逆な酸化により2+の二核オキソ錯体へ,+1.2 VでRuII/RuIIIの酸化により4+の二核オキソ錯体を生じることを明らかにした。二核オキソ錯体をAg+により化学的に二電子酸化して生成した2+の二核オキソ錯体は芳香族水素化物を脱水素化し,対応する芳香族を生成した。さらに二核オキソ錯体を電気化学的に四電子酸化した4+の二核オキソ錯体は有機化合物の酸化よりも,むしろ水の四電子酸化反応による酸素発生を効率よく触媒した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000438_01SUM.gif
Research field
  • Transition metal complexes in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)和田 亨,田中 晃二. キノン配位子を有する二核ルテニウム-オキソ錯体による酸化反応. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.84 - 84.

PAGE TOP