Top > Search Research paper > (In Japanese)冷凍機冷却型脳磁場計測装置の開発研究

(In Japanese)冷凍機冷却型脳磁場計測装置の開発研究

Research report code R013000499
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)鈴木 明文
Affiliation
  • (In Japanese)秋田県立脳血管研究センター
Research organization
  • (In Japanese)秋田県立脳血管研究センター
Report name (In Japanese)冷凍機冷却型脳磁場計測装置の開発研究
Technology summary (In Japanese)ヘリウムを用いない冷凍機冷却型の脳磁場測定装置の開発研究を行うこととした。脳局所の空間分解能を高めるため出来るだけ多チャンネルとし,ノイズを遮断して時間分解能もよくするためドイツ,バキュームシュメルツ社から輸入した磁気シールドルームを秋田県立脳血管研究センターに設置し,さらに61チャンネルの脳磁場計測装置をダイキン工業株式会社が主体となり新規開発し設置した。開発した脳磁場計測装置を用いて,手関節部正中神経を経皮的に電気刺激して体性感覚誘発磁界を対側の頭頂部からの測定に成功した。さらに,刺激強度と誘発磁界の相関性を確認できた。刺激強度を上げるに従い振幅が高くなった。少なくとも正中神経の電気刺激という単純な外的刺激においては,その強度と一次信号,二次信号の間に相関性があることが判明した。今後は,刺激の種類を変えた検討や相関性を示す限界の刺激強度を検討するなど研究を進める予定である。
Research field
  • Measuring instruments in general
  • Measuring methods and instruments of magnetism
  • Research methods in biological sciences in general
  • Central nervous system
  • Biometry
Research project
  • ;Measurement of secondary signal associated to cerebral activities and the mechanism of its generation. (Akita Prefecture)
Information research report
  • (In Japanese)鈴木 明文. 冷凍機冷却型脳磁場計測装置の開発研究. 共同研究等促進事業 秋田地区「脳活動に伴う二次信号の計測とその発生機序に関する研究」共同研究終了報告書,2000. p.556 - 566.

PAGE TOP