Top > Search Research paper > (In Japanese)左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構

(In Japanese)左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構

Research report code R030000005
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)濱田 博司
Affiliation
  • (In Japanese)大阪大学細胞生体工学センター
Research organization
  • (In Japanese)大阪大学
Report name (In Japanese)左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構
Technology summary (In Japanese)左右非対称に発現する初めての遺伝子(lefty)を発見し、これを糸口として、体の左右非対称性が生じる機構について研究を行った。LeftyはTGFβに類似したシグナル因子をコードしており、ノックアウトマウスを用いた解析などにより、体の左側を決定する因子であることが判った。また、lefty遺伝子の発現制御機構を解析した結果、この遺伝子の非対称な発現を誘導するシグナル経路が明かとなった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000005_01SUM.gif
Research field
  • Molecular genetics in general
  • Development (=generation) and differentiation
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Genetic Programming
Information research report
  • (In Japanese)濱田 博司. 生命活動のプログラム 左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.57 - 64.

PAGE TOP