Top > Search Research paper > (In Japanese)汎生物高速遺伝子同定法の開発と遺伝的背景を支配する遺伝子群への応用

(In Japanese)汎生物高速遺伝子同定法の開発と遺伝的背景を支配する遺伝子群への応用

Research report code R030000006
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)林崎 良英
Affiliation
  • (In Japanese)理化学研究所ゲノム科学総合研究センター
Research organization
  • (In Japanese)理化学研究所
Report name (In Japanese)汎生物高速遺伝子同定法の開発と遺伝的背景を支配する遺伝子群への応用
Technology summary (In Japanese)ゲノムDNA上に書きこまれている情報は、塩基配列と修飾(メチル化)が、情報の全てである。塩基配列の高速解読システム、RISA sequencerを開発し、メチル化をスクリーニングするシステムとしてRLGSの自動化システムの開発に成功した。それを用いて、ヒトゲノム上からGenomic Imprintingという遺伝形式を指標にし、ヒト新生児一過性糖尿病遺伝子、偽副甲状腺機能亢進症の遺伝子のpositional canditate cloningに成功した。
Research field
  • Research methods in genetics
  • Structure and chemistry of genes
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Genetic Programming
Information research report
  • (In Japanese)林崎 良英. 生命活動のプログラム 汎生物高速遺伝子同定法の開発と遺伝的背景を支配する遺伝子群への応用. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.65 - 84.

PAGE TOP