Top > Search Research paper > (In Japanese)カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開

(In Japanese)カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開

Research report code R030000010
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)飯野 正光
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院医学系研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京大学
Report name (In Japanese)カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開
Technology summary (In Japanese)カルシウム放出チャネルの分子機構を様々な観点から明らかにするとともに、カルシウムシグナルに関わる新たな分子群を発見した。また、画期的な研究法として、細胞内IP3濃度の実時間測定法と、多光子励起法を用いた分泌機構観測系を確立した。以上の成果により、中枢神経細胞、筋細胞、B細胞、外分泌腺細胞などにおけるカルシウムシグナル機構の分子メカニズムの理解を格段に進め、カルシウムシグナルと生理機能との関連を明らかにした。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000010_01SUM.gif R030000010_02SUM.gif R030000010_03SUM.gif
Research field
  • Biological function
  • Cell physiology in general
  • Receptors on cell membrane
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Host Defense Mechanism
Information research report
  • (In Japanese)飯野 正光. 生体防御のメカニズム カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.137 - 150.

PAGE TOP