Top > Search Research paper > (In Japanese)免疫系と神経・内分泌系の立体的分子機構の解明

(In Japanese)免疫系と神経・内分泌系の立体的分子機構の解明

Research report code R030000012
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)奥村 康
Affiliation
  • (In Japanese)順天堂大学医学部
Research organization
  • (In Japanese)順天堂大学
Report name (In Japanese)免疫系と神経・内分泌系の立体的分子機構の解明
Technology summary (In Japanese)我々は免疫系の細胞に広範に発現しているtumor necrosis factor (TNF)/TNFレセプターファミリー分子に焦点を絞り、FasL, TRAIL, OX40Lなど多くの分子に対するモノクローナル抗体を作製し、in vitroおよびin vivoにおける抗体投与の実験から、これらの分子の発現調節のメカニズムや生理的あるいは病理的な役割を明らかにした。さらにTNFレセプターファミリーを介するシグナル伝達分子であるTNF receptor-associated factor (TRAF)5を新たにクローニングし、TRAF5単独およびTRAF2/TRAF5ダブルノックアアウトマウスを作製し、TRAF2およびTRAF5のTNFレセプターファミリー分子を介する種々の細胞の活性化あるいは細胞死における生理的な役割を明らかにした。
Research field
  • Gene expression
  • Immunological reaction in general
  • Cell physiology in general
  • Physiology and anatomy of endocrine system
  • Nervous system in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Host Defense Mechanism
Information research report
  • (In Japanese)奥村 康. 生体防御のメカニズム 免疫系と神経・内分泌系の立体的分子機構の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.167 - 180.

PAGE TOP